マーケティング関連の最新情報が得られるおすすめ海外サイト5選!

技術的なものや新しいマーケティング手法など、日々発信されていく情報のキャッチアップに
海外メディアのチェックを欠かさない方も多いと思います。
最新情報を掴みながら英語の勉強もできるので、私もなるべく海外情報に触れるように心がけています。
今回は、自分に合った情報サイトを探す中で面白い・役に立ちそうと感じたサイトをご紹介していきます。


1)The Drum


 

 

マーケティングやクリエイティブ関連のニュースサイトです。

サイトにはアメリカ版、ヨーロッパ版、アジア太平洋版の3種類あり、画面上でいつでも変更できます。

サイトに掲載されているニュースの内容には大きな地域差はありませんが、
トップの最新ニュースが地域に合わせたものになるので地域ごとに比較してみると面白いと思います。

また、テキストベースの記事だけでなく数分の動画による連載もあるので
リーディングだけでなくリスニングも鍛えられそうです。

 


2)Social Media Today


 

 

マーケティング関連の動向に対して独自の分析や見解を載せているメディアです。

ニュースサイトと言うよりも、主に専門家のインサイトが得られるサイトになっています。

投稿記事は、ソーシャルメディアのアップデート、マーケティングトレンド、ソーシャルマーケティング、
デジタルの活用方法、コンテンツマーケティングの5カテゴリに分けられています。

「Library」から調査レポートやwebセミナー動画をダウンロードすることもできます。

 


3)AdAge


 

 

マーケティングだけでなく広告系のニュースや、CMなどの映像作品もまとめられているニュースサイトです。

おすすめは「VIDEO」カテゴリーで不定期に更新されている「Creativity Top 5」という
企業のプロモーション動画や面白い取り組みを5つピックアップして紹介する動画です。

以前は毎週更新でしたが今は不定期にアップされているので、随時チェックしてみてください。

再生時間が約2分と短いので気軽に見ることができますし、
紹介した企画についての簡単な説明も記事の中で書かれているので概要を素早く把握できます。

 


4)Marketing Land


 

 

マーケティング関連の最新ニュースと専門家によるコラムが満載です。

記事のカテゴリが豊富で、SEO、モバイル、分析、販売など10種類以上を揃えています。

例えばマーケティングにおけるIT活用についての記事をまとめているMarTech(マーテック)という
独立したカテゴリがあるなど、かなりマーケティングに特化しているサイトになっています。

また、1つのカテゴリをさらに数個の具体的なテーマに分けており、
欲しい情報をピンポイントで探すことができるのも大きな特徴です。

短い記事では数パラグラフ、長いものでも10パラグラフ程度と比較的読みやすい長さです。

 


5)MY MODERN MET


 

 

アート・カルチャー系の記事が載っているサイトです。

記事一覧のサムネイル画像を見るだけでも、普段とは違ったものの見方ができるような気がします。

芸術・伝統だけでなく国内イベントや話題のSNS投稿など、日本についての記事も投稿されています。

日本では一般的なことでも、取り上げられているポイントや着眼点が違っていて面白いですよ。

海外のアート・カルチャー系の情報だけでなく日本についての記事もおすすめです。

 

海外でトレンドになったものが日本に入ってくるまでには、どうしても時間がかかってしまいます。
日本でやっと広まってきた情報が海外ではもう古くなっていて、すでに次の情報が発信されていることもあるので
海外サイトをチェックして常に最新の情報を掴んでいきましょう。

 

また、「デザイン思考」や「マーテック」など、海外の考え方もどんどん日本に入ってきています。

日本語よりも英語で意味や使用シーンを見た方が理解しやすい場合もあるので、
海外サイトで情報収集すると理解度アップにもつながるのではないでしょうか。

 

他にもまだまだ有益な海外サイトがあると思いますが、
まずはどこからチェックすれば良いか決めかねている時の参考になれば嬉しいです。

一覧を見る
ニャウローディング