ミケネコのお仕事:水族館でのイベント手配

展示館イベントだけでなく、ミケネコは企業イベントのお手伝いもさせていただくことが多々あります。
11月上旬に行われたあるイベントでは、提案から会場等の手配、そして当日の運営サポートまで関わらせていただきました。
私はサポートとして現場に同行していたのですが、とてもユニークなイベントだったので
簡単なレポートでみなさんにもご紹介したいと思います。

今回ご紹介するイベントの会場は、なんとサンシャイン水族館でした。

サンシャイン水族館はワールドインポートマートビルの屋上にある施設です。

最寄りの駅からサンシャインシティ到着後、ワールドインポートマートビル1階のエレベーターをご利用いただき
「屋上」まで登っていただくと、サンシャイン水族館とプラネタリウムのフロアになります。

エレベーターの中は青で統一されており、海の生き物の映像が流れていてまるで海底のようでした。
このエレベーターに乗るだけで、これから水族館に行くんだというワクワク感が強くなりますね。

 

まるで海の中にいるようなエレベーター

 

今回のイベントは「カスタマーイベント」と呼ばれるもので、既存顧客の方々との接点を継続的に作っていき日頃の感謝をお伝えしてみなさんとの親睦を深めることが目的でした。

閉館後の館内を貸し切った今回のパーティーでは、提供するサービスのご案内や代表によるご挨拶、そして複数のアトラクションを行い参加者のみなさんと交流を深めていきました。

みなさんにどのように楽しんでいただいたのか、アトラクションをピックアップしてお伝えします。

ペンギンお出迎え


イベント開始前からみなさんの気分を盛り上げていたのが、会場入り口でのペンギンのお出迎えです。
最近ではすみだ水族館で「LOVE推しペン超選挙」が行われるなど、ペンギンは水族館の人気動物の1つですよね。

そんな愛らしいペンギンがみなさんをお出迎えするこの演出は、参加者の方々に好評でした。
ペンギンと一緒に写真撮影を楽しむ方も多く見られ、ペンギンとの交流でイベントへの期待も高まったのではないかと思います。

 

かわいいペンギン2羽がお出迎えしてくれました!

 

受付後はウェルカムドリンクを楽しみながら、イベント開始まで2階の展示コーナーを自由に回遊していただきました。

照明を落とした普段とは少し違う雰囲気の館内をゆっくり見ていただくことで、開始時間の19時まで飽きることなくお待ちいただけたのではないでしょうか。

水中ショー


本イベントの目玉の1つが巨大水槽を活かした水中ショーです。
このショーでは水族館スタッフの方が海の生き物の生態について説明してくれます。

また、会場の巨大水槽にダイバーの方が潜り、解説に合わせて魚を連れてきたり餌付けをしたりするので、
水槽内の生物とのダイナミックなふれあいも見ることができました。

 

 ダイバーさんが魚に囲まれて泳いでいます

いろんな種類の魚たち

 

プライベートでもお付き合いがないと、顧客の方と一緒に何かを楽しむという機会はあまり多くないかと思います。

そこで、パフォーマンスを大勢で楽しんでいただき親睦が深まる雰囲気作りができるよう、
今回のイベントでは迫力のある水中ショーを見ていただきました。

会場内では思わず拍手や歓声を出してしまう方、水槽に顔を近づけて見入ってしまう方も多くいらっしゃいました。

大人になって水族館から足が遠のいてしまったという方にとっても、久しぶりに水族館を楽しむ機会をご提供できたと思います。

マジックショー

水中ショーの後に少しお料理補充の時間を挟み、イベント後半からはマジックショーが行われました。
お呼びしたマジシャンのジュニア渚さんは、4才でデビューされたベテランの方です。

参加者の方をステージに上げたりマジックで使用した絵を差し上げたり、会場のみなさんも巻き込んだマジックが印象的でした。
マジックが失敗したと見せかけて実は…なんていうアドリブのような手品など、トークも軽快な渚さんのマジックショーに会場は大盛り上がりでした。

 

来場者もステージに上がってマジックに参加しています

 

私は今回初めてマジックを生で見たのですが、鮮やかな手さばきに仕掛けがどこにあるのか全く分かりませんでした。
手品だと分かっていても、目の前で繰り広げられると圧倒されるものですね。

 

これらのアトラクションを見ながら、お寿司やローストビーフなどのお料理もみなさんに楽しんでいただけたようです。
パフォーマンスの合間にお料理が補充されていたので、いつでも温かいお食事をとっていただけるようになっていました。

 

巨大水槽を前に乾杯です

色とりどりのデザートがずらっと並んでいました

 

 

19時から始まり、閉会の21時まであっという間の2時間でした。
これまで私がサポートで入らせていただいたイベントはホテルのホール会場で行われるタイプが主だったので、
今回の少し趣の違うイベントは新鮮でした。

最新サービスのお披露目など会社紹介がメインの場合は着席してしっかり鑑賞できるホール会場、今回のようにイベントに参加して楽しんでいただくことがメインだと水族館のようなエンターテイメント性のある施設と使い分けができると感じました。

毎回似たようなイベントになってしまうという場合は、イベント内容だけでなく会場も変えてみるのも一つの方法かもしれません。
そうすることで、ご招待したい方にも普段のイベントとの違いを感じていただきやすく、参加者増加につながるかと思います。

また、今回は参加者の方だけでなく当日運営に入っていた社員の方々からも好評のお声をいただき、大変嬉しかったです。

 

2015年のミケネコ創立当初から、こちらのお客様のイベントを担当させていただいています。
実はご提案の際にはいつも、担当の仲宗根が候補として水族館を入れていたのですが
イベントの目的やタイミングが合わず、なかなか水族館で開催できないでいました。

しかし、水族館での開催は盛り上がるだろうという強い思いから、変わらず水族館案を提案し続けていたことで
今回の開催につながったそうです。

今回のように、ミケネコではイベントの提案から手配はもちろん、当日の運営までお手伝いさせていただいています。
「こんなイベントをやってみたい」「こんなことできそう?」など、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ先:info@mikeneco.co.jp

または、お問い合わせフォームからもご連絡いただけます。(ページ下部にお問い合わせフォームがあります)

 

ニャウローディング