他社ブースを参考にしよう!展示会視察で見るべき5つのポイント

業務上の情報収集だけでなく、今後の出展への良いアイデアを求めてブースを見る方もいらっしゃると思います。
今回は複数のブースを比較する際に役立つ、見ておくべき5つのポイントをご紹介します。
会場内に一つとして同じブースはありません。
各社がどのような工夫を施しているのか、ポイントに沿って見ていきましょう。

 

1. ブースデザイン

ブース造作やサインなどのデザイン面は皆さんが必ず注目している部分です。

明るくて入りやすい雰囲気、企業ロゴの使い方、トーン&マナーの統一など、
まずは視覚的にどのような印象を受けるのかを見ます。

ブースを見る際には、ぜひ通路面に面した開放面からブースを眺めてみてください。
一方向からだけでは見えなかった構造や、通路を歩いてまず目に入るように設置された展示物に気づくことができます。

造作物の面によってキャッチコピーやグラフィックを変えているブースもありますし、
大規模なブースだと広さがあるので正面から見ただけではブース全体をとらえることは難しいです。

また、同じように至近距離からだけでなく数メートル以上離れて確認します。
入場口や遠いエリアからも見えるように造作物の高さを上げているブースも見かけます。

このように、角度によっては目に入ってくる情報や受け取る印象が違ってくるので
ブース設計とその効果を様々な角度から見てみましょう。

2. 展示物

製品の実機やサンプル、パネル、商品紹介の映像など様々な展示物がブースには詰まっています。

これらの展示物を使ってどのように効果的に訴求しているのかを見ていきます。

例えばある企業では、自社の技術が日常生活の様々な場面で使用されていることを伝えるために
街のジオラマを展示していました。

立体的な展示物により「街中」というスケールの大きさを感じるとともに、
導入されている技術と私たちの生活との密接さが直感的に伝わってきました。

また、ミケネコで度々お手伝いさせていただくお客様の中には来場者への訴求だけでなく、
ブース内対応の際にも活用できるように特に壁面のグラフィックにこだわる企業もいらっしゃいます。

展示物を参照しながら説明を行う、デモ体験で製品に触れてもらうなど
効果的にサービスや製品を訴求するための展示物がないかを見ておきましょう。

3. ブース内イベント

デモ体験やプレゼンなど、ブース内で何かしらのイベントは開催されていないでしょうか。

主なブース内イベントには以下のようなものがあります。

 

・ミニセミナー

・プレゼンテーション

・実機の稼働

・デモ体験

・社員によるブース内説明ツアー

 

イベントのタイムテーブルを通路付近に掲示していることがあるので、
そこからイベントの内容や開催の頻度を把握することができます。

マイクや大型モニタを使用してイベントを行っていると、来場者の意識をブースに向けやすくブース訪問のきっかけになります。

また、イベント参加者がブースに溢れているブースには活気があり、興味を持たれやすい効果もあります。

お客様のブース運営サポートを行う際に感じることですが、一人でもデモ体験をしている方がいると
その様子を見て興味を持った他の来場者がどんどんブースに入ってきます。

各社のブース内イベントを見て、どのようなフレーズに惹かれたのか、どんな内容なら参加してみようと思ったのかを
覚えておくと今後の出展に活かせるのではないでしょうか。

4. ノベルティ

各社がどのようなノベルティを配布しているのかもチェックしましょう。

きっと、こんな物にも名入れできるという新しい発見があるはずです。

定番の筆記用具以外にもオリジナルラベルのペットボトル飲料やモバイルバッテリーなど
バラエティ豊かなノベルティを見かけます。

中にはいつも決まったノベルティを配布する企業もあります。
デザインは新しくしつつも毎回同じ商材を使用しているので、
いつの間にか「このノベルティを配布するのはこの企業」と私の中で定着しています。

そういった企業らしさを感じ取れるのもノベルティの良さですね。

ノベルティ制作をご検討している方は、特に注目してみて下さい。

 

関連記事:使用目的ごとに見る定番ノベルティ!

↑展示会やイベントでよく活用されている定番ノベルティをご紹介しています。

5. コンパニオン・MCコンパニオン/ユニフォームの着用

より効果的なブース運営にするために、ブース前でのノベルティ配布やブース内イベントに
専任のスタッフを起用している場合もあります。

スタッフの配置起用人数などもブース運営の参考になるので見ておきましょう。

説明員の方がアテンドに集中するためにも、集客に効果的なコンパニオンスタッフの存在は欠かせません。

ただ、適切に起用しないと人数過多でブース内に圧迫感が生まれたり
動線に配置しすぎて入りにくい雰囲気が出てしまうことがあります。

他社はどのようにスタッフを活用しているのか、適切な起用人数などを見てみましょう。

 

また、コンパニオンを起用している場合、スタッフが着用しているユニフォームもブースを盛り上げる一つの要素です。

レンタル衣装を活用したり自社オリジナルのユニフォームを制作しているところもあります。

ミケネコでもコンパニオンの衣装を手配させていただくことが多々あります。

お客様から衣装のご指定がない場合には、レンタル衣装の中から
展示会やブースの雰囲気に合ったものをご提案しています。

例えば金融関連の展示会だと、ビジネス感の強い業界の雰囲気に合わせて
露出の少ないジャケット付きの衣装を選びます。

華やかさだけでなく、企業イメージやブースに合った衣装を着用しているかも注意してみましょう。

ブース装飾ではないですが、ブースの存在感や統一感を高めるにはこういったユニフォームも大変参考になります。

 

ミケネコでは業界の流行を知るためだけでなく、ブース研究も兼ねて積極的に展示会に足を運ぶようにしています。
今回記載したポイントなど、絶対に確認する項目をリストにしたものを私はいつも会場に持参しています。
複数の企業を見るには時間がかかるので、リスト化しておくと確認漏れなく効率よく視察できると思います。

視察したブースは展示会ごとにまとめて吾ネコサイトにアップしているので、
参加できなかった展示会がある場合には参考にしていただければ嬉しいです。

一覧を見る
ニャウローディング