展示会に行ってみよう

私たちミケネコは企業のみなさんの展示会出展に伴う、ブース造作の企画や運営のお手伝い、
展示物や映像、配布ツールの制作など、出展者側に立ちお手伝いすることが多いのですが、
年に数回、自分たちが対象の展示会には時間を作って足を運ぶようにしています。

前回も「ミケネコと展示会」ということで記事をあげました。ミケネコは企業のみなさんの展示会出展をお手伝いすることが多いのですが、今回は、展示会に来場者として参加するときに役に立つようなTIPSをまとめました**

<行く前の事前準備>
・招待状の準備もしくは事前登録をしよう
・事前に小間図を見ておこう
・名刺は忘れずに
・歩きやすい靴
・ICカードへのチャージは出発前もしくは、目的地の駅に着いたら先にしておこう

招待状の準備もしくは事前登録をしよう

ビジネス向けの展示会は招待状が送られてきたり、Webからの事前登録で無料になることがほとんどです。
招待券を持っていないもしくは事前登録をしていない場合、入場券を買って入場する必要があるのですが当日券は3000円です、と結構な金額が看板に書いてあり焦ります。
実際 お金を払って入場している人がいるのかは不明です。。

事前に小間図を見ておこう

会場には小間図(展示会場の地図)が置いてありますが、大きすぎて広げてみるのが大変だったりします。
Webサイトで小間図を事前に公開しているのでがほとんどなので、見たいブースを事前にピックアップしどのような順番で回るか考えておくと効率よく周れます。

名刺は忘れずに

仕事で参加するので、名刺は忘れずに。
むやみやたらに名刺交換にこたえる必要もありませんが、
今後問い合わせしたい企業や興味のある企業とは名刺交換しておきましょう。

歩きやすい靴

国際展示場も幕張メッセも、規模の大きい展示会を開催しているため、
1日いるとものすごく歩きます。
しかもどちらも駅から展示会場まで歩く距離が長いため、
会場に着くまでに疲れてしまうなんて人も。
歩きやすい靴は必須です。特に女性はおしゃれより、歩きやすさ重視ですよ、ほんと。
わたしは、昔、高さのあるヒールを好んで履いていたため、
そのまま展示会に行くと、後半 足の裏が痛くて大変でした。。

ICカードへのチャージ

ICカードのチャージ?と思う方も多いと思いますが、展示会場までの交通費は地味にかかります。
帰るときにチャージしよう、と思っていると帰宅時間が他の来場者の方とバッティングして
チャージするのに結構時間がかかったりします。
なんだかライブ帰りや野球観戦帰りみたいですが、チャージは空いているうちにしましょう。


<展示会場で>
・ノベルティで配布されている大きめの袋をGetしよう
・展示物の写真を撮る場合は一言断りましょう
・疲れたら迷わず休憩

ノベルティで配布されている大きめの袋をGetしよう

展示会場では、いろいろな企業が資料を入れた「袋」を配っています。
紙袋やビニール袋などありますが、オススメは大き目の不織布の袋
不織布は破れにくいうえに、大き目な袋の場合持ち手が長いので肩から掛けるにも便利。
色々なブースを回ると資料やノベルティをもらうので、まとめて入れるのに便利です。

展示物の写真を撮る場合は一言断りましょう

ビジネスの展示会では写真は基本NGになっています。
ただ説明員の方のお話しを聞いて興味を持ったり、社内でも情報共有したい
などいろいろ状況はあると思います。
そんな時は、ブースの担当者の方に写真を撮っても差し支えないかどうか聞いてみてください。

疲れたら迷わず休憩

最近の展示会場では、休憩スペースも設置されるようになりました。
広い会場を回ると疲れるので、空きスペースを見つけたらちょっと一休み。
ついでにもらったチラシやパンフレットの整理も行いましょう。
帰ってから広げてみたとき、何がなんだかわからないことも多々あります。


<帰ってから>
・貰った資料を一通り確認して整理
・社内で回覧したい企業や情報があればその日のうちに

貰った資料を一通り確認して整理

たくさん資料をもらって会社に戻って、とりあえず置いておく…
という人は多いと思います。でも可能であれば、その日のうちにもしくは翌日にでも一度出して整理しましょう。
その日のうちに 再度目を通すことで、どんな会社だったか思い出すのが容易ですし、とりあえず置いておくと、結局そのままで片付かない状態になってしまいます。

社内で回覧したい企業や情報があればその日のうちに

「この企業の情報はみんなに教えたい」「このサービス導入したらいいかも」
というものがあれば、どんどん社員のみんなにシェアしましょう。
「あとででいいや…」だとその「あとで」はやってきませんよ。

 


来場者視点から、展示会に参加するTIPSをまとめましたが、
中には出展者から見ても使えるものがあると思います。

ビジネス向けの展示会は毎月行われています。
関係者しか入れないものが多いのですが、自分の業界の最新情報を仕入れたり
新しい刺激を求めに…足を運んでみてください。

ニャウローディング